東京に旅行をした時に、お土産の選び方3選

両隣のお土産の選び方

今は、昔と違い東京に旅行をするといっても、そう遠くへ旅をするといった感覚はなくなりました。それでも、一戸建て住宅であれば町内会の回覧板が不定期に回ってくるのです。家を留守にするのであれば、隣の家には一言伝えて、回覧板を飛ばしてもらわなければなりません。当然、「どちらへ」となるので、「東京まで」となれば帰りにはお土産が必要になります。しかし、このお土産は500円程度の物を飛行場で買えばよく、あまり高価になれば相手も恐縮してしまいます。

親しい人へのお土産の選び方

親しい人への東京お土産は、少し考えたいものです。東京から帰ったらお土産を持参して、旅行話に花を咲かせたいと思います。旅は楽しいもので、特に観光地巡りともなれば、より人に伝えたくなります。ところが、自分が楽しいことを話しても相手が喜ぶとは限りません。そこで、相手が喜んでくれるお土産を持参するのがポイントです。親しい人であれば、何が好きなのか、食べ物でも人形でも民芸品でも良く、その人に合ったお土産を持っていけば話が弾みます。

親へのお土産物としての選び方

ご両親へのお土産は共通の話題性のあるものが良いでしょう。かつて親が東京を旅行した時の旅先がどこであったのかを聞いておくことです。例えば、浅草に出かけたことがあるといえば、浅草のお土産でも、昔からの名物が良いでしょう。それも、お土産の包装紙に浅草の図案が印刷されているものがベストです。飛行場などでも売られていますが、それではダメで、それが売られているお店で購入することです。情景がお土産になるので、共通した話題を持てて一気に話が盛り上がるのです。

スカイツリーの土産には和風のお菓子もたくさんあります。高齢の方へのお土産にはぴったりのものとなっています。